使わなければ衰える!認知症予防に完全無料『Dr.脳トレ』【1日5分】

madam T

記憶力が怪しくなってきました。

芸能人やたまにしか会わない人の名前を忘れているうちは笑い話にしていましたが、よく会う人の名前が出てこなかったり、当たり前のモノの名前をど忘れしたり、さっきまで持っていたのに、うっかり置いてしまってなくしたり、冷蔵庫が開けっぱなしでピーピーなったり…

不思議な現象が多発するようになってしまいました。
ほっといてはいけません。脳をトレーニングしなくてはなりません。

1日5分でできる完全無料のサイトを見つけたので紹介します。
私も頑張ります!

目次

毎日の脳トレの始め方【完全無料で1日5分(3問だけ)のDr.脳トレ】

https://dr-noutore.jpより引用

1日5分でできる認知症予防習慣
認知症予防に特化した無料の脳トレゲーム

引用元/https://dr-noutore.jp

こんな説明のあるダウンロードのいらない脳トレのサイトを見つけたので、やってみることにしました。

「Dr.脳トレ」サイトに無料登録して完全無料でトレーニングできます。

登録する前に、どんなものがあるのか、試しにやってみることができます
余計な登録は、なんだったか忘れちゃうからしたくないですもんね。
登録なしでお試しでできるのはこちらからです。

Dr.脳トレの監修医師は、金町駅前脳神経内科の院長 内野 勝行 先生です。

Dr.脳トレはどんな問題があるのか、脳のどこが活性化するのか

https://dr-noutore.jpより引用

Dr.脳トレには海馬、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉、脳の5つの部位をそれぞれ活性化させる合計35種類のトレーニングメニューが用意されています。その中から毎日3つ出題される問題にチャレンジしましょう。挑戦した結果は他の参加者の得点と比較することができます。

引用元/https://dr-noutore.jp/cont/service.html

ここでは、問題の表題だけを紹介しますが、公式サイトに行くと、問題が試せます
このように、さまざまな問題があることがわかります。
題名みているだけでも、面白そうでしょ。

アプリなどで脳トレと書いてあるものはいろいろあります。
そのトレーニングはどこにアプローチしているか、これらと比較するとと、予想できるようになります。
苦手がわかれば、似たような問題の出題されているアプリを加えて使ってみるのもおすすめです。

海馬を鍛えよう

  • 前の数字と比べて大小を選ぼう
  • 出現した順番に選ぼう
  • 数字を覚えて小さい順番に選ぼう
  • 出現した順番に記号を選ぼう
  • ペアのカードを揃えよう
  • 増えた記号を選ぼう
  • 名前を覚えて選ぼう
  • 1つ前の写真を選ぼう

前頭葉を鍛えよう

  • 正しい答えになる演算子を選ぼう
  • 青には勝ち、赤には負けよう
  • 青は1番早い、赤は遅いものを選ぼう
  • 足して出現した数にしよう
  • 割り切れる数を選ぼう
  • 青は足し算、赤は引き算しよう
  • 合計の数が大きい方を選ぼう
  • 最初に出現した●を止まったら選ぼう

側頭葉を鍛えよう

  • 文字を正しい順番に並べよう
  • 仲間はずれの単語を選ぼう
  • 連想する単語を選ぼう
  • 同じ人物の写真を選ぼう
  • 笑顔の人物の写真を選ぼう
  • 別の人物の写真を選ぼう
  • 四字熟語を完成させよう

頭頂葉を鍛えよう

  • 移動したタイルの位置を当てよう
  • 組み合わせて完成する図形を選ぼう
  • 他と異なる図形を選ぼう
  • カメラの位置を選ぼう
  • 欠けている画像を当てよう
  • あみだくじの正解を選ぼう
  • 展開図の立体を選ぼう
  • 光の照らす場所を選ぼう

後頭葉を鍛えよう

  • ペアの記号を選ぼう
  • 1番多い色を選ぼう
  • 前と同じなら○、違うなら×を選ぼう
  • 見つけた数字を選ぼう
  • 横切った図形を選ぼう
  • 画像には無いものを選ぼう
  • マスをタップして同じ絵柄にしよう

Dr.脳トレのメリット・デメリット

Dr.脳トレのメリット

  • 三日坊主対策に、設定すると、メールで脳トレする時間だとメールで知らせてくれる
  • 1日5分で良いので気軽にできる
  • 1日3問で良いので、すぐ終わる
  • 難しくないので、気負わないですむ
  • 完全無料

Dr.脳トレのデメリット

  • もっとやりたい人には少なすぎる
  • PCかスマホが必要

ですが、簡単なストレスのない問題を解くことが認知症予防のトレーニングになるなら、量も質も、これで、ちょうどいいような気がします。(by 50代後半)

まとめ 毎日の脳トレの始め方【完全無料で1日3問だけのDr.脳トレ】

東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授の研究によると、軽度であれば認知症の症状が出始めている老人でも脳が活性化され回復することがわかり、多くの老人福祉施設で音読と簡単な計算学習が行われています。

特に前頭前野を使うと脳の老化を防ぎ、集中力や記憶力がよくなると最近の研究でわかってきたと言われています。

使わない筋肉が衰えるように、使わない脳も衰えて使えなくなってしまいます

今ある能力を最大限に活用して、元気に生きていくためには、無理のない継続的なトレーニングが必要です。この続けるというのが、簡単なようで難しい。

『Dr.脳トレ』は三日坊主防止対策のメールがあるので、何度も助けられました。
忘れやすく飽き性の私が習慣にできたように、あなたにも合うかもしれません。

問題が簡単に感じるまで、続けたいと思います。
自分よりも先輩のコメントを読むこともできて、励みになっています。

いつまでも、頭すっきり、自分のことは自分で判断できる脳を維持して、認知症を予防したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる